スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
真剣師







真剣師小池重明の光と影 真剣師小池重明の光と影
団 鬼六 (2002/12)
小学館

この商品の詳細を見る

↑を読んだ。
福々しくも肌つやの良さそうなこの表紙の男
小池重明氏のトンでもない生き様が書かれているのだが
世の中には凡人にはうかがいしれないほどの才能を
持ちながら、破滅的な生き方しかできない人間がいるのだな
と思った。
むか~しホテルの結婚式場でバイトしていたときの
配膳会の上司。早稲田大学卒で本当にアタマが良く
将棋も強かったおじさん。
苦学生や苦労人を心底いたわり気遣い、仕事を
まわすような人情の人だったが、世間一般的には
クズだった。昼間からお酒を浴びるように飲み
式場にフラリとお酒を拝借しに現れたりする。
後に不況でその配膳会がホテルから切られ
職を失いボロボロになって知り合いの家に
お金のむしんに来た、と聞いたのが最後の噂。
この最後の真剣師、小池重明にその人の姿が
とっても重なった。
「道ばたで寝ているような人を見かけたら、
ごくろうさん、ってたばこの一本でも差し出すんだ」
って、その人に教わった。
まだできずにいる、たばこも持っていないけど。
あ、小島教室の小島先生のお名前も本文に
でてきて、驚いた。お話をうかがえる機会が
あったらな、と思った。
スポンサーサイト
【 2007/04/20 12:37 】

将棋 | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<はやくこいこいG.W | ホーム | さむっ!>>
コメント
--- ---

よくこの本を読もうと思いましたね。息子さんの将棋のためには全くなりませんが、面白い本であることは間違いないです。
小池さんには学生時代に100局(公式戦は3局)ほど教えてもらいました。アマ最強は尺度によっていろいろですが、潜在能力では小池さんがトップと思っています。
小島一宏 * URL [編集] 【 2007/04/20 23:57 】
--- ---

小島先生
ふお~~~っ!そのように近しい方でしたか。。。本の中で語られる亡くなられた方は
私にとっては伝説?の人。小島先生のお名前が本書で登場したときはビックリいたしました。
主人が将棋世界の編集T君のような編集者
なので、私が代わりに本を読みます。
でも、息子が将棋を始めなければきっと
生涯触れることの無かったであろう世界に
出会えて息子に感謝!なのです。
小島先生の自伝もいつの日か読みたいな ~。計画はございませんか?
ぽぽ母 * URL [編集] 【 2007/04/21 07:48 】
--- ---

普通の人とは異なった経歴ですが、しょせん小市民の私では面白いものにはなりません。それにしても「最近のコメント」で「小島一宏真剣師」となるのは…。
小島一宏 * URL [編集] 【 2007/04/21 13:56 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://poponaru.blog84.fc2.com/tb.php/80-fe1f022b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。