スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
鼻毛勉強法
友達が子どもに勉強を教えていて あまりに我が子の理解が進まないので
教えながら自分も発狂しそうになる、と言っていたのでこんな勉強法もある、
と提案。

それは我が子がトンチンカンな答えを書いたり 同じ過ちを繰り返したとき
我が子の顔に バカボンのパパ風の鼻毛を書き入れていく という方法だ。
「あ、間違えたから鼻毛追加ね~」 と書き入れていくうちに
「ママ、ここわかんない」 と3回目の説明後であるのにもかかわらず聞かれたときなど
振り向いた我が子の鼻毛にプッ となり 心穏やかに教えられる というものだ。
普通だったら 「ママさっき説明しました! もう三回目~~~!あんたバカね、キッ!」
と なりそうなところを グッとこらえることができます。
これにより お子さんの学力が飛躍的に向上することはないかもしれませんが
親子関係がそれ以上に悪くなることもないでしょう。
怒られながら勉強できるわけはありませんし、ママがにこやかな方がはかどるってもんです。
だから学力もちょっとは向上するかもしれない?

ぽっ君の場合 家庭に学校の宿題を極力持ち込むな(なぜならば教えられない)
と言ってあるので 学校の勉強をすることはまれですし、
最近 算数の勉強も ぽっ君がわからない問題は母も理解不能な事が多いので
親子揃って鼻毛面になりそうです。
そうなった場合 きっと勉強どころじゃなくなるでしょう。。。
あまりお薦めの勉強法じゃないことが 書いていてわかりました。
すみませんm(_ _)m
スポンサーサイト
【 2009/10/28 15:04 】

お勉強 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<清水上さんのお教室 | ホーム | クリスマスキャロル>>
コメント
--- NoTitle ---

楽しそうでうらやましいです、というと問題発言かな。私は、子供の教育など、親には結局できないと思うのですがーーー。英語を学ぶ機会をあげるのは賛成です。国滅びてもがんばるきがあればがんばれるようにはしておいてあげたい。
tactless papa * URL [編集] 【 2009/10/28 21:19 】
--- ふざけた記事に ---

tactless papa 様

こんなしょうもない記事に反応してくださってありがとうございます。 
国語教育の大家 大村はま先生が ご自身の著書
 「教えるということ」の中で 

 本来 家庭とは休息をとり安らげる場所で 学校で
教えられなかったことを家でやって来いなどという教師がいるのはもってのほかだ。

めだたない、させられているとは思わない場面の中に
子どもを入れて、子供達を勉強させたいものだと思っているのです。そうするときに、はじめて未来の幸福を作り出す、一本立ちした、一人で生きていける人間というものが、できていくのではないかと思います。

と おっしゃっています。すんばらしい先生です。
こんな先生が今の公教育の場にもたくさんいたらなぁ と
思いますが、そうはいません。
ま、 将来 親がなくとも一人で生きていけるようにしようと、厳しく育てようと思っても ついつい手をかけたくなる
一人っ子男子なのでしたーーー、うちの場合。。。

語学そのものもですが 日本の国語の授業よりも 外国語圏の母国語の授業のほうが 論理的思考が身に付くような気がします。 そして 異国の方々のような押し出しの強さというか 自分の意見を言えるところ。国際社会で
黙ってばかりでは 貧乏くじをひくのは目に見えているのに日本人はなかなかシャイですね。私には国際舞台で活躍する機会もないのでよいんですが、我が子が大きくなった頃はどんな社会になってるんでしょう。
今だってネット環境では 英語で獲られる情報の方が
膨大なんですよね。まったくそれらを使わないで
私は生きているのですが。。。
ぽぽ母 * URL [編集] 【 2009/10/29 14:00 】
--- おし!やってみる! ---

うちの場合、親子して間違いまくって、バカボンのパパのはずが、いつのまにかヒゲダンスになりそうだ。
いいね、親子してヒゲダンス!
よしはる * URL [編集] 【 2009/10/30 07:45 】
--- い、いい? ---

よしはる 様

いいのか?はたして。。。
ぽぽ母 * URL [編集] 【 2009/10/30 16:05 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://poponaru.blog84.fc2.com/tb.php/576-57500b60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。