スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
加藤一二三伝説
ウィキペディアで加藤一二三先生を検索。
昨年の 猫のえさやりで近隣住民より訴えられ その後がどうなったのか
気になったので。
その後は判らなかったけど、爆笑した。

居飛車棒銀 (ぽっ君 飛車は振らない宣言、てか、振り方自体知らない)
頑なに同じモノを食すところ (ぽっ君は 将棋センターで蕎麦オンリー) が
似ている。
一つの型を守りすぎていて 型破り。

破天荒な棋士は 楽しい。
升田先生の本
王手―ここ一番の勝負哲学王手―ここ一番の勝負哲学
(2001/03)
升田 幸三

商品詳細を見る

この本も すごく面白かった。
将棋以外の所も。

だって 将棋の内容はわからないんだもん。
スポンサーサイト
【 2009/03/14 19:59 】

将棋 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<川越竜王戦 | ホーム | 定期購読>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://poponaru.blog84.fc2.com/tb.php/456-ba27516a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。