スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
倉敷王将戦 本番 その1
会場入りし、記念品を受け取り早くも
中身を確認。
メダルを見るや
「これは金?それとも金メッキなの?
売ったらいくらぐらい?」
と、発言するぽっ君。
生で そのイタイ発言を お近くにいらしたもなパパにきかれる。
恥ずかしい。

ぽっ君は自分の選手番号と同じ12番のクジを引く。
続けて引いたもなちゃんが13番だったので、仕組みを
まったく理解していなかった私は何となくびびる。
思い返したら 今まで公式の記録が付く場で
もなちゃんとあたったことがない。
ま、当たったら 勝てるわけがない と
小島先生に太鼓判を押されているけどさ。。。

開会式後の記念撮影はすごかった。
高学年選手の撮影準備中から舞台下にじわじわ集まり出す
子ザルのような低学年選手の群れ。
確実にポールポジション へとにじりよるぽっ君。
母は その地点で あらかたの予想はついていた。
ぽっ君が明確に狙っているポジションを。

そう、 清水市代先生の隣。
やはりです。 見事です。 思った通りで恥ずかしい。
スポンサーサイト
【 2008/08/06 03:43 】

将棋 | コメント(12) | トラックバック(0) |
<<倉敷王将戦 本番 その2 | ホーム | 倉敷王将戦 前夜>>
コメント
--- ありがとうございました ---

倉敷では色々ありがとうございました!
記念撮影のポジション争いはすごかったですね。
みんな将棋は強いうえに、活発な子が集まっているんですね。
ぽっくんの将棋は、力強いというか独特の棋風で、強いと思いますよ。
実際、今回の結果は全国15位くらいになるのではないですか?
あまり将棋をやっていないだけに、才能を感じさせます。
いつか、大宮の方にお邪魔させていただければと思います。
今後ともよろしくお願いいたします!
もなパパ * URL [編集] 【 2008/08/06 07:47 】
--- ---

お~
今回は2・3部構成ですか!
続きが気になります...
ポカポカ * URL [編集] 【 2008/08/06 13:08 】
--- うちの場合 ---

「やった、来ただけでもらえたぞ」でした。
ヤマドル * URL [編集] 【 2008/08/06 15:59 】
--- こちらこそm(_ _)m ---

もなパパ様

ほんとうにお世話になりました!
チボリで再会できて良かった~。

いや、最近は半年ぶりにすごく将棋の
勉強していてあんな感じ。。。
いつかじゃなく、近々ばんばん
将棋センターにも来ちゃってください。ぽっ君も 津田沼におじゃましてみたいです。その時は よろしくお願いしますね!
ぽぽ母 * URL [編集] 【 2008/08/06 17:13 】
--- ---

ポカポカ様

何部構成になるかな~?
だが、本編の大会結果はさらり
としてるはず!
だって、お伝えしたくても
将棋の内容がわからないんだもん!
ぽぽ母 * URL [編集] 【 2008/08/06 17:15 】
--- ---

ヤマドル様

ぽっ君的には
大会賞品コーナーとかを
大々的にちらつかせてくれたら
もっとはりきっただろうになぁ。
優勝したら親の旅費滞在費ただ!
とか、、、。
あ~~。純粋じゃなくてごめんね。
ぽぽ母 * URL [編集] 【 2008/08/06 17:19 】
--- ---

ぽっ君は結局18位でした。ここ半月ほど熱心にやっていたのが実を結んだと思います。1カ月前なら、この成績は無理だったでしょう。来年は普段からしっかり調整して臨んでください。
小島 * URL [編集] 【 2008/08/07 20:47 】
--- ---

小島先生へ

ありがとうございました。

なんだか帰ってきて俄然将棋に燃えております。燃え尽きるのも早いけど。
順位が出ちゃうんですね。
これからもよろしくお願いいたします。
ぽぽ母 * URL [編集] 【 2008/08/07 23:25 】
--- 大会屈指の名場面! ---

倉敷でご挨拶させていただいたものです。お疲れさまでした。
記念撮影の話ですが、私ども家族はたまたま右側の一番前の座席におりました。
当日現場に居合わせた者として、また全国ン万人の当ブログファンの一人として、
報告の義務にかられましたので(笑)、補足させていただきますと…

最初、御子息(ぽっ君)は右側の階段にスタンバってました。
それをお母様が控え目な悲鳴のような声で制した後、いつの間にかぽっ君は左側の階段に移動していました。
清水女流王位は来賓席の向かって一番左側に座っていましたからね。
ターゲットにロックオンして、華麗にポジショニングチェンジ!
(勝又教授が言うところの“オーディブル”っちゅーヤツですか?)
いや最初は事情がよく呑み込めておらず、みんなの殺到ぶりがあまりにも凄かったので大丈夫かと心配していたのです。
その後、清水王位の横にぽっ君が座っているのを見て「そーだったのか」とひとりでウケてました。
このブログ見てないとわからない落ちですよね。
大会が終わってみれば、記憶に残る名場面だったといえるのではないでしょうか。
(もっとも、せっかくの記念撮影なのだから、女の子や下級生から優先して座らせる配慮があっても良かったのかもしれませんが。)

それにしても清水王位の姿勢の美しさは、噂にたがわないものでした。
まるで別の生き物を見ているかのよう…。
あの日、指導対局を受けさせていただいたのですが、普段は猫背のうちの子どももいつになく背筋をピシッと伸ばしておりました。
そういえば、閉会式での王位の言葉は「姿勢の良さが集中力を生む」ことと、引率した父兄へのねぎらいでした。
あれは指導対局中に親が居眠りしていたウチへの当てつけに違いありません。
今後も楽しいブログを期待しております!

追伸
>確実にポールポジション へとにじりよるぽっ君。
どうも、ぽぽ母様のボキャブラは‘つぼ’に来ます。ひどく楽しい。
最近のお気に入りは「気品のあるウ○コ座り」デス。
3時のおやじ * URL [編集] 【 2008/08/09 23:53 】
--- いたたたた ---

3時のおやじ様

会場では お声かけくださりありがとうございました!
我等親子にとっての赤っ恥克明リポート
またしてもありがとうございますっ。

そうですか、、、もう途中経過、
ぽっ君の移動経路なんて見ていられなかった母です。
ユウカナパパ様ご子息が
誰ぞに押しのけられて悲しくなられたり、RUMIママ様の心優しいお子様が
お席を譲られたり、壇上では様々なドラマがあったようですね。。。
ぽっ君に、
「あなたは誰かを押しのけたりした?」
と聞いたところ
「仕方がないよ、ぽっ君のお尻の方が下にあったから」
と返事が(°◇°;)
ごめんなさいごめんなさい です。
まさか、おやじさまのお子様を突き飛ばしたのではっ???
可愛らしいお嬢様がたがぽっ君の後ろにいるのを見ると切ないです。。。

清水先生はもう本当に
 スッ  と していらっしゃいましたね。
周りの温度が5度は違うんじゃあないかと思いました。
あ、それは谷川先生もですね。 かなり
びしっと されておりました。

どこぞでお目にかかれる時はまた、お声がけください。
引率時はかなり暇な母なので。

ありがとうございました!ちょくちょくおこしください。アホなブログに。



ぽぽ母 * URL [編集] 【 2008/08/10 18:09 】
--- ---

随分以前の上記の(私の)コメントなのですが、
前から気になっていたので訂正させ下さい。スミマセン。

08年8月の時点では、「女流王位」は石橋幸緒先生で、
清水市代先生は「女流王将」と「倉敷藤花」の‘女流二冠’という
敬称であるべきでした。
慎んで(コッソリと)訂正させていただきます。
これだから、にわかファンは困りますね。
もっとも、子どもが将棋を始めるまでは女流の先生の名前なんて
一人も言えなかったわけで、‘おやじ’なりにささやかな進歩はあるようです。

清水「女流二冠」ですが、雑誌等で知れば知るほど
評判の良い方なので感心します。
女流王将戦とか、その他の熾烈なタイトル戦とか
今年は清水二冠のキャリアから見ても大きな動きのあった1年なのでしょうね。
益々の活躍を期待せずにはいられません。

言わすもがなのことですが、前回コメント文中にある
>清水二冠の姿勢の美しさ
の「美しさ」とは‘姿勢’のみに係る言葉ではありません。
あの日、清水二冠に初めて会ったウチの妻が
「女優さんみたいにキレイな人ね。」と申しておりました。
(コッチの方は、訂正ではなく‘強調’しておきます。)
3時のおやじ * URL [編集] 【 2008/11/18 23:12 】
--- 清水女流二冠 ---

3時のおやじ 様

訂正ありがとうございます。
まったく気がついておりませんでした。
でも、子供が将棋をはじめなければ
一生 この世界を知る事なんてなかったんだろうなぁ、と思うと ささやかながら自分の世界も広がって、子育てって楽しいですね。
今も将棋界の何を知ってるってわけじゃ ありませんが。。。
清水先生の著書
天辺 女流トッププロの生き方
ってのを拝読すると 清水先生の見方が
ちょっとかわります。文体がライトで最初
びっくりしました。
清水先生は和服 というより十二単とかを
着られたらすっごい似合うような、
本当に大和な おひな様みたいなキレイなお顔立ち。
おひな様を見ると自然に清水先生を思い浮かべてしまうのです。
ぽぽ母 * URL [編集] 【 2008/11/19 10:45 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://poponaru.blog84.fc2.com/tb.php/273-b430ac6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。