スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
どっかい算
思考力算数練習帳シリーズ 6 どっかい算 (6)思考力算数練習帳シリーズ 6 どっかい算 (6)
(2005/12)
不明

商品詳細を見る

ぽっ君が自分から進んで勉強する問題集。
 
例えば、
15年前の話です。さゆりさんは上野発の夜行列車
(午後8時ちょうどのあずさ2号)に乗りました。そして8時間後に
雪の青森駅でおりました。他にもお客さんはたくさんいましたが
だれもが無口で、風の音だけが鳴り響いていました。青森駅で
20分待った後、今度は青函連絡船という津軽海峡を通って青森と
函館を結ぶ船に乗りました。さゆりさんは悲しいことがあったので
凍えそうなカモメを見つめ泣いていました。冬の津軽海峡はきれいでした。
そうこうするうちに船は5時間50分後に函館に着きました。
さゆりさんが函館に着いたのは何時ですか?

という、大人がクスッと笑える問題があったり、
文章自体はとっても長くて、全く関係のない数字もバンバン
出てくるのですがちゃんと読んで絵図にすれば超簡単な問題が
たくさんのっているのです。

市販の問題集は文章題であろうと
上の方に「たしざん」「ひきざん」とか
書いてあるので、そういうんじゃない問題集をさがしていて
この認知工学さんのシリーズを発見しました。
このシリーズの鶴亀算とかもパズル感覚で楽しいです。
一見難しそうな問題集ですが、
実は簡単なので(ぽっ君には内緒)
「ぽっ君はどっかい算が得意だからな~」と、自分で
ブヒブヒ言いながら解いていきます。
母 「え~っ、もうあんまり問題ないから今日は1問だけね!」
しめしめ、うっしっし。。。
と、いった感じですかね。
スポンサーサイト
【 2008/05/30 12:44 】

お勉強 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<倉敷王将戦 予選 | ホーム | 将棋センター>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://poponaru.blog84.fc2.com/tb.php/239-95e13288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。