スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
指導対局
10時のセンター開店までに到着でき木村一基先生の
指導対局を受けられる事に。
だが、アルゴクラブの宿題やら英語の宿題やらを
ためてあったので、1時からの指導対局にまたくれば
いいから一回家に戻って宿題をすませよう、
と、話していたにもかかわらず、センターで将棋を
指して行くと。。。
ここで母の予定は大幅に狂う。
そんならと昼ご飯タイムに無理っと連れ出す。
ロコモコを食べたいなどとこじゃれた事を言っていたが
うちでつくってやると言って帰宅して宿題をさせる。
その間母は米の上にハンバーグその上に目玉焼きの
無理矢理ロコモコ丼を作ってやる。
そしてセンターにとんぼがえり。
電車に乗るのは2時40分。

ぽっ君は6枚落ちで先生に指導を受けた。
ちょっと先生の肩越しに覗いていたけど
さっぱりわからず。ときおりぽっ君のお友達が
状況を説明してくれる。
指導が終わったのは2時50分、55分の電車に乗って
10分先の駅に3時からの授業を受けに行く。

木村先生に6枚落ちで負けましたのぽっ君。
センターを出るなり泣き出す。
しくしくしくしく。
何で泣いたかって、先生に勝ったら
扇子がいただけることになってたから、って。。。
本当に本当に、いやしい。
純粋に勝利することよりモノか。。。
こういうハングリー精神なら誰にも負けない。
スポンサーサイト
【 2008/03/16 08:31 】

将棋 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<しかけ絵本 | ホーム | 木村一基八段>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://poponaru.blog84.fc2.com/tb.php/193-d9d923f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。