スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
プレジデントファミリー
現在発売中の教育系育児雑誌に、竹俣紅さんが大きく取り上げられている。
記事を読んで、まさに「将棋の子」という印象。大きな大会でおみかけした時も、いつも凛々しく立ち居振る舞いの美しいお嬢様だなぁと感じたのを覚えている。
何者かになる人は、やはり幼き頃より人とは違う何かがある。
将棋に関しては、才能もモチロンだけれど大好きでい続ける事ができるか、それだけだと思う。プロフェッショナルになった人々は多くの同じ世代の子供達が遊び惚けている時も黙々と絶えず努力し続けるてきたのだろう。そしてあらゆる犠牲を払うだけの魅力に取り付かれてもいたのだろうけど。
1日10時間、将棋の勉強をしていた、とか普通の事と思ってるあたり、プロ棋士の方々は尋常じゃない。
3日3晩寝ないでドラクエをやっていた学生時代のぽぽ母とは月とスッポンだ。
ぽっ君の去年の夏は、暇にまかせてなのか狂ったように将棋三昧だった。幼稚園児でもあったため、かなり心配したが今はそれも遠い話。無理強いはせず細~く長~く。
ぼちぼちやっていっておくれ。。。
でも、母はちょっぴり将棋が楽しくなってきたよ。。。
スポンサーサイト
【 2007/10/19 13:21 】

将棋 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<セカンドインパクト | ホーム | 駅前広場にて>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://poponaru.blog84.fc2.com/tb.php/116-aabaa600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。