スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
頑張れ、将棋。
「編集会議」という、おそらくは一般に
認知されていない雑誌がある。月刊である。
今売りの8月号のあおり文句は
日本のブームはコミックが作る 。
そのなかのレポートで 「ヒカルの碁」ブームの
その後も記した記事がありました。
ヒカルの碁以降のブームを一過性に終わらせないよう
日本棋院は全国支部に「ヒカルの碁スクール」を開講。
現在も110以上のスクールが継続しているようです。
こども囲碁人口の増加で新たなビジネスチャンスを
見いだした企業スポンサーが大会などをサポート。
囲碁界には一作の漫画作品がバブルをもたらしました。
連載終了から4年近くが経過し、あたらな児童が減りつつも
日本棋院は
「囲碁マンガ原作大賞」なる賞を設立し
次のヒット作、さらには囲碁ブームを仕掛けようと
日々の精進?にぬかりがありません。立派!
前記の羽海野チカ先生のマンガには
日本将棋連盟の協力はおろか、プロ棋士のかたの
監修も記されていません。
少しでもメディアに取り上げていただけるようなら
全面協力を!日本将棋連盟、米長先生!
スポンサーサイト
【 2007/07/13 20:43 】

将棋 | コメント(2) | トラックバック(2) |
<<アルゴ大会 | ホーム | 3月のライオン>>
コメント
--- なぜだか ---

なぜなのか、編集会議という雑誌知ってます。以前といってもすごーく前ですが、投稿が掲載されました。なんでだったかな、その雑誌に投稿したわけじゃないのに、なせか採用になって送られてきました。

囲碁って力はいってますよね、宮崎も囲碁の方が普及が上手です。碁石みたいに広げていくのがうまいのかな?
ヤマドル * URL [編集] 【 2007/07/15 08:01 】
--- ---

ヤマドル様
うまいっ!そうなのかも、ゲーム性の違いも
あるのかな~?
それにしても編集会議をご存じとは!そして
編集会議今号では、なんと自治体広報誌として、「広報みまた」が取り上げられているのですよ!きっとご縁があるのかも。
ぽぽ母 * URL [編集] 【 2007/07/15 09:16 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://poponaru.blog84.fc2.com/tb.php/100-0c67075a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ヒカルの碁『ヒカルの碁』(ひかるのご)は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)に1998年12月から2003年まで連載された、囲碁を題材にした少年漫画及びそれを原作としたテレビアニメ。コミックスは全23巻。原作はほったゆみ、漫画は小畑健、監修は日本棋院所属の女流棋士 (囲碁 このマンガが読みたい!【 2007/07/29 14:37 】
囲碁界囲碁界(いごかい)は、囲碁という遊戯をめぐって、プロの棋士 (囲碁)|棋士・女流棋士 (囲碁)|女流棋士やアマチュア、囲碁愛好者、業界関係者などで構成する社会領域。囲碁は、中華民国、中華人民共和国・大韓民国|韓国などでも盛んだが、日本国内では日本棋院・関西 囲碁の知識【 2007/10/24 17:44 】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。